世間はお盆休みですね!熱中症にはご注意ください。
しかし外で仕事をしていると、太陽が弱くなってきていて、秋が近づいているのを感じます。もう少しの辛抱ですね!

田んぼではこの頃、次々と稲穂が出てきます。


ちなみにこれはミルキークイーン


こちらはパン用のお米、ミズホチカラ。少し黄色い

穂が出たときの形や色も、品種によって様々です。

ここから徐々に穂の中でお米が太っていき、標準的な品種・天気で40日程で刈り取り適期を迎えます。
新米ももうすぐですよ!

今日は大暑らしいですがそれほどでもないですね。梅雨明けが待ち遠しいです。

稲の中ではこの頃、穂の赤ちゃんが出来はじめます。


この白いフワフワが穂の赤ちゃん。稲を剥くと出て来ます

ちなみに、こうなる時期は品種や天気によってまちまちです。うまく管理する為にはこの時期を知る必要があるので、最近は剥きまくっています。社長は剥かなくてもわかる様ですが…すごいです!


この二つの違いは品種だけ!植えた日も圃場も同じでもこの違いです!

穂が出てくるのももうすぐです。楽しみですね!
今年の梅雨はよく降りますね。みなさまいかがお過ごしでしょうか。

大嶋農場では雨だと仕事が休みになることもあるのですが、先日、雨の日の休みに、娘の希望でカタツムリを捕まえに行きました。
しかしなかなか見つからず、いそうな場所を4ヵ所回ったのですが、見つけたのはナメクジ1匹のみ…娘に却下されました。いいじゃん…殻がなくてもかわいいじゃん…


いそうな場所…?

いったいどこにいるんでしょう?昔は探さなくてもいたような?そういえば何年も見てないのかもしれないなと思いました。
しばらくは休みのたびにカタツムリ探しです。
ついに噂の10連休突入ですね!
皆さまいかがお過ごしでしょうか。

大嶋農場ではむしろ一年で一番忙しい時期なので、休んではいられません!
他の米農家の方々も、田植えの準備に忙しく、日に日に田んぼに水が張られていきます。

ところで、田んぼの景色というと、どんな景色を思い浮かべるでしょうか?秋の黄金色の稲穂の景色という方が多いのでは。
私が一番好きなのは、まさに今、水がどんどん張られて行く頃の景色です。なんだかワクワクするんですよね(^^)


ワクワクする景色の一例。筑波山が見えるのもポイントが高い。しかし田んぼも筑波山もほぼどこからでも見えるので、どこにいてもワクワクするハメに。

頑張って植えるぞ〜(^o^)


春ですね!
みなさんはお花見しましたか?
わたしは先日子供たちと花見に行ったのですが、下の子が桜には目もくれず落ちている小枝を集めまくっていたのが印象的でした。

大嶋農場では田植えまで1ヶ月を切り、準備に忙しい日々を送っております。

田んぼでは、水漏れや雑草が生えるのを防ぐ為、畔にマルチを張る「クロかけ」という作業を主にやっています。


クロかけの様子。マルチの端は土に埋める

田んぼでの作業は気持ちがいいですが、クロかけ作業は風が強いとやりづらいので、風が憎らしいです(-_-;)