7月から前半から35℃とはこれからの夏本番が思いやられますが、今日は涼しかったですね。

会社の片隅ではヒマワリが勢いよく咲いています。


ヒマワリは「日まわり」と言われていたようで、太陽に向かって花が回ることがその由来らしいです。
そういえば日輪草とも呼びますね。

でも実際は、花は東を向くことが多いようで、写真の花も殆ど東に向いています。
太陽を追っかけるのはつぼみの頃だけのようです。
この目で確かめてはいませんが、来年のつぼみの頃、偶然思い出せたら観察してみたいものです。
関連する記事
コメント
コメントする