大嶋農場ではお盆前後に塩振り(葉面散布)という作業を行います。
水に沖縄県産の天然塩(雪塩)、ハチミツ、カツオ節エキスを混ぜて稲穂にふりかけることで、お米の食味が上がります。


動力噴霧器で勢いよくまきます

塩振りは朝イチで行うのが基本です。
まいた養分は稲の気孔から吸収されるため、呼吸が活発で気孔の開いている夜明けに最も吸収されやすいからです。

早起きが大変ですが、日が昇るまでは涼しくて気持ちの良い作業です。
関連する記事
コメント
コメントする