あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

大嶋農場は年末年始は七連休でゆっくり休ませてもらいました(^^)
仕事始めの昨日は、田んぼの土の移動をしました。


ローダーで土を運ぶ

田んぼは平らでないと、(特に初期の)水管理がうまく出来ません。高低差が酷いと、同じ田んぼでも水が無い所と稲が水に潜ってしまう所が出来てしまうこともあります。
少しの土の移動ならば代掻きの作業機でも出来るのですが、たくさん移動させたい時は、田んぼが乾いている時にこのように行っています。

土を薄く削るのが難しく、水を入れないと出来上がりがわからないので、削りすぎ・盛りすぎが無いか少し不安です(*_*)

こんばんは。

もうすぐ今年が終わりますね。

 

私は今のげ取りという種の調整をしています。

種籾についている髭のような部分を取る作業です。種まきをするときに種もみが詰まらないように行います。

品種が多いので1粒も混ざらないように管理・清掃しなくてはいけないのでとても神経をつかわなくてはなりません。

まだまだたくさんあるのでがんばります!

 

 

タイトルの「いなけい」とは、稲作経営者会議の事です。
先日、稲経の現地研究会に参加させてもらいました。

研究会は2日間にわたって行われ、1日目は座学と懇親会、2日目はスガノ農機さんを見学させてもらいました。


1日目


2日目 ・トラクターで引っ張る作業機がたくさん


2日目・実演

いろいろな方の話を聞いて、とても勉強になりました。
もう12月ですね!
そろそろ道が凍り始めそうなので、タイヤを履き替えないといけませんね。

さて先日私は
お米日本一コンテストinしずおか
を見学して参りました。

全国から集まったお米のうち、食味計の検査結果が良かった75種類のお米を実際に食べて、日本一おいしいお米を決める大会です。


審査員の方々


私のような通りすがりの一般人もすべてのお米を試食可能!お腹いっぱい


花がついているのが2回戦に駒を進めた30点


2回戦以降はトーナメント

やはりどれもおいしいお米ばかりで、いい刺激になりました。同じ品種でも産地や育て方の違いで味が全く異なるのが驚きでした。


富士山もキレイでした
稲刈りまっさかりです!

稲刈りの時期は、コンバインの掃除が私の主な仕事です。


開けて隅々まで掃除

大嶋農場ではいろいろな品種のお米を作っていますが、これらが混ざらないようにする重要な作業です。
1回に半日ほどかかる作業なのですが、1日に2回やることも多く、稲刈りの間私はほぼコンバイン掃除機になっています。
今日も2回、頑張るぞ!