一定期間更新がないため広告を表示しています

今日は朝から雪になっています。

 

なんでも東京では、11月の雪は54年ぶりだとか。

私たちの車もノーマルタイヤのままなので急いで替えないといけませんね。

 

積雪で一番困るのはハウスが潰れてしまうことです。

一昨年の大雪では車庫にしていたハウスが歪んで、車高の低いオレンジ色のホイルローダー専用になってしまいました。

 

 

寒冷地では積雪に備えてハウスのビニールを剥がしてしまうそうですが、この辺りで積雪は稀なのでそうしたことはしません。

 

なのでこのまま降り続けると今日は午後から雪降ろしですundefined

ご無沙汰しております。

 

あっという間に稲刈りが終わり、もう冬ですね。

 

今年の稲刈りは10月末に終わり、今は刈り終えた田んぼを耕したり、堆肥を振る準備をしたりしています。

 

今年のお米も良い出来で、美味しいお米を無事作ることができました。

 

これからまた1年間、さらに美味しいお米を作れるよう切磋琢磨していきますので、どうぞよろしくお願いします。

 

 

今月初めからいよいよ稲刈りが始まりました。

とはいえ雨の日が多く、思うように進んでいませんが有機栽培のミルキークイーン等、順次進んでいます。

 

先日は、東京農大の学生が田植えをしてくれた田んぼの稲刈りをしました。

 

まずまずの出来です!

いよいよ稲刈りの季節になりました。
刈ったお米はすぐに乾燥、調整されて玄米や精米になるのですが、今年から玄米色選機という機械を調整の行程で導入します。



これは玄米を一粒一粒センサーに当てて変色している物を見つけ出し、空気で吹き飛ばすという機械です。

一粒一粒といっても、1時間に処理できる米は2トン以上で超ハイテクな性能です!

いっそう品質の高い百笑米を提供するために、この機械に頑張ってもらいます!
先日、来年の種まきに使う土(床土)を作りました。

この時期に作るのには理由があります。

床土は田んぼから取ってきた土に有機肥料を混ぜて、稲がより育つように作ります。

原料の田んぼの土には種や苗に害のある菌がたくさんいるので、これを太陽の熱でじっくり消毒するのです。

数種類の肥料を土にまく


トラクターで何度もかき混ぜる


ローダでハウスに運ぶ


ハウスに広げて来年の春まで太陽熱消毒する