めっきり寒くなった気がします。首元にふわふわの毛がついた上着を買いました。

稲刈りも終わり、米農家は暇・・・ではありません!
今月はイベント目白押しです。先のみずほの記事しかり、今月初頭には東京農業大学の食と農博物館で、毎年恒例の販売ベントをおこないました。


結構盛況でした!

そして来週18日(日)には日比谷公園で販売イベントをやります。
今年とれたお米で、しかも炊き立てのおにぎりを売る予定です。
詳しいことはまだ未定ですがお時間があれば是非いらして下さい!
最近冷え込んできましたね。重労働をしない限り、半袖で過ごすことも少なくなりました。

愛情込めて育てているニンニク達もぐんぐん育っています。



写真は一週間前のものですが、80個くらい植えたもの全てが芽を出してくれました(1株はなぜか根元から折れてました)。今は葉っぱがもう少しワサワサしてます。手前から右二つ目がガーリッくんです。

調べたところによると、本格的な冬までに葉っぱが3,4枚出ていれば良いそうで、その条件はクリアできそうです。春まで病気が出ないといいなぁ。
当社では将来野菜を販売するため試験的に野菜の栽培を始めることになり、私はニンニク担当となりました。

ホワイト六片という青森で多く栽培されている品種で、種まきから10日ほど経過した先週、ついに芽が出ました!


植えた約70個のうち一番最初に発芽したニンニクです。ガーリッくんと命名しました。


冬までの管理は土壌が乾燥したら水を撒くだけで、手がほとんどかかりません。病気に注意してしっかり育てていきます。
おとといから気になるものがあります・・・。


たい肥に酸素を含ませる、切り返しという作業をしているのですが今日を含めて3日間、ずっと私の傍にたたずむモノがいるのです・・・。



カマキリ、です。

以前このブログで、トンボに扮したスパイカメラを社長が送り込んだのでは!?という記事がありました。まさかね・・と思いましたが、このカマキリは私の作業を見渡せる場所にいつもいます。
トンボ型を改良した新型なのでしょうか?サボっていたらそのキラリと光る自慢のカマで切り付けられるかもしれません。


真面目に仕事しよっと。
稲刈りが順次進んでいく中、多くの品種のお米を作っているとある仕事が増えます。
乾燥機やコンバインなどの機械の掃除です。ある品種を機械に入れて、次に別の品種をそのまま入れると混ざってしまうので品種を変える度に掃除が必要なのです。
先日、私はコンバインの清掃を教わりました。部品を外したり開けたりしながら掃除するのですがその箇所の多いこと。しかも見えない奥の方にもお米が入り込んでいます。



早く覚えられるよう、ノートにメモしながら先輩の動きを凝視していました...φ(。。)