一定期間更新がないため広告を表示しています

最近は紫外線が一層強くなってきましたね。
今日美容院で短髪にしたのですが、作業中にいつも頭に巻いているタオルのラインでおでこの日焼けがあらわになり、かなりダサい状態です悲しい

さて、田植えも半ばを過ぎてまだまだ忙しいこの頃ですが、5月初頭にヒヨコがやってきました。私たちは米作りの他に鶏肉用のニワトリも飼育しています。
最初はまさに「ヒヨコ」で、フワフワのコロコロでとてもかわいらしいのですが、3週間もすると・・・



大きさは手のひらいっぱいくらいで、色は白っぽくなり、トサカが出てきたのも見られます。何より筋肉が付いてムキムキです。もはやヒヨコなのか、ニワトリなのか、よくわかりません汗

この子らは貫録のあるニワトリになるべく、あと1ヶ月ほど共に過ごします。

最近暑い日が増えてきましたが、皆さんお元気ですか?
私は見事にTシャツ&手袋焼けをしております悲しい

今日は東京農業大学から、国際的に農業の研究をされている夏秋先生とその学生がいらっしゃいました。



英語が部屋中に飛び交っていて(社長を除く)、とても茨城の田舎とは思えない環境です。大変熱心にお米作りや販売方法を勉強しており、写真では「百笑米」の意味について、教授の通訳を通じて勉強しています。ちなみに教授は「百笑米」を、「ワンハンドレッド スマイル ライス」と訳していました。英語だとなんだかカッコいいですねおはな

彼らはルワンダ、ガーナ、タンザニアといったアフリカ出身の方々で、東京農業大学で日本の農業について勉強し、その経験を出身国で生かそうとしています。今回は農業の現場を見て、学びに来ています。

これからはやっぱり、海外市場も大切かなーなんてお弁当を食べながら思った1日でした。



本日は大嶋農場から車で20分ほどの、筑波山のふもとにある田んぼでの作業でした。
作業は代掻きと草刈りで実習生を交え、社員一同、精力的に作業しております。景色も最高です!



この辺りの地名、「田井」は日本最古の和歌集である万葉集に「田居」として記されており、長く米作りの歴史ある地域らしいです。(大嶋康談)


さて、今日は好天に恵まれましたが、昨日は様が違っていました。
ニュースでも頻繁に報じられていますが、竜巻を伴う突風によって大変な被害が北関東各地で出ました。特に被害の大きかったつくば市北条はこの田んぼの隣りの地区です。

昨日も私はこの田んぼで作業していたので、様子を見に行ってみました。



かなり強力な竜巻だったようです。至る所に色々なものが飛び散り、電柱や家屋が吹き飛んでいました。幸い私たちの田んぼには被害が及びませんでしたが、天災とは本当に恐ろしいですね。

桜の季節も終わり、もう新緑の5月ですね。武田です。


先日、大型特殊免許(農機限定)を取得しました!
講習で初めてトラクタを運転したのですが、操作は結構簡単です。が、教習コースは安全確認やキープレフトなどのルールが多く、とても緊張しました(・ω・;)



トラクタなどの機械で公道を走れるようになったことで、できる仕事の幅が一つ広がった気がします。次はけん引を取りたい!



もう一つ、重要な出来事が。


4月も終わりということで、初のお給料をいただきました!
明日からもまた頑張ろうと思います!!
何に使おうかなぁ(´ω`)♪
はじめまして!
4月より入社した、武田です。よろしくお願いします(`・ω・´)


さて、私たち大嶋農場では今、米作りの準備に大忙しです。


本日の午後は「黒かけ」という、畦にマルチを張っていく作業です。ビニールっぽい「マルチ」を張っていきます。


が、何だか雲行きが怪しい感じです。


このあと瞬く間に、雷雨に襲われやむなく作業を中断。


しかし束の間、虹がかかりました。しかも2重に。