一定期間更新がないため広告を表示しています

最近は昼は暖かくて夜は涼しくて過ごしやすいですね!梅雨はいったいどこに…

さて田んぼは中干しの時期に入りつつあります。
田植えの後、稲は茎の数をバサバサと増やしていく(分けつと言う)のですが、茎の数が目標とする穂の数に達する頃、一旦水を抜いて干します。これを中干しと言って、無駄に分けつしすぎないようにしたり、根を元気にしたりなど、色々なメリットがあると考えられています。


干し終わったところ

この後は、茎の中に穂の赤ちゃんが出来るまでの間、水を入れたり干したりを繰りかえします。

湖に写る筑波山ではなく!
水田に写る筑波山!
綺麗ですね!

こんにちわ!新人のきわみです!五月ももうすぐ終わりですね!暑かったり雨が降ったりで中々天気が安定しませんね。写真は先日の補植の際のものです。筑波山に雲がかかり綺麗だったので写真を撮りました(^^)

こんばんは。

ろくちゃんは夜も番犬のお仕事です。

すごく寂しそうな背中、、、

でも悪い奴が来ても安心です。吠えて吠えて吠えまくります。

 

お仕事お疲れ様。先に寝るよ。おやすみ。

 

代かきは田んぼを、苗を植えられる状態にすることです。

毎日田植えをするために、私は毎日代かきをしています。

代かきは田んぼをざっとならす粗掻きと、仕上げの植えしろの2回行います。

植えしろは田植えの1-3日前に、粗掻きは植えしろの2-3日前に掻くので、田植えのスケジュールに合わせて代かきを行っています。
代かきしていない田んぼは水を入れても半日もすればなくなってしまいますが、植えしろ後は何日も水を保てるんですよ。



植えしろ中@トラクター